無利息 お金を借りる

無利息でお金を借りる3つの方法!問題点や限度額はどれぐらい?

「無利息でお金を借りる3つの方法!※問題点や限度額はどれぐらい?」がイメージできる画像01

 

借りたお金には利息がかかる。これ、常識ですよね?

 

ですがその利息をかけずにお金を借りることができれば、嬉しいと思いませんか?

 

そこで今回は「無利息でお金を借りる」をテーマに以下の様なコンテンツをお届けします。

 

消費者金融から無利息でお金を借りる方法
銀行から無利息でお金を借りる方法
親などからお金を借りる場合の注意点

 

何か気になるコンテンツがありましたら、是非チェックしてみてくださいね。


消費者金融や銀行から無利息でお金は借りられるの?

 

消費者金融や銀行から無利息でお金を借りるなんてこと、本当にできるのでしょうか?

 

それではさっそくその実態についてチェックしていきましょう。

 

消費者金融や銀行の「無利息期間」に注目!

消費者金融や銀行では「無利息期間」を設けているケースがあります。

 

とくに消費者金融の場合、名の知れた消費者金融であればほぼ100%無利息期間があります。

 

この無利息期間があれば、その期間内に完済することによって借入から完済まで一切利息をかけずに利用することができるのです。

 

ただ上記にもあるように、無利息期間の導入は銀行では当たり前ではないためその点には注意が必要です。

 

一方で無利息期間を導入している銀行としては、「新生銀行(レイク)」「ジャパンネット銀行」などがあります。

 

無利息期間を利用する上で注意したいポイント

1.過去にその消費者金融(銀行)を利用したことがある方は対象外

 

ノーローンのように「なんどでも1週間無利息」を導入している例外的なケースもありますが、基本的に無利息期間というのはその消費者金融や銀行でのキャッシングを「初めて利用した方」が対象となります。

 

ですからもし次回の借入も検討していて、また無利息で借入をしたいというのであれば、無利息期間に対応している他の消費者金融もしくは銀行に再度申し込まなくてはなりません。

 

2.借入の翌日ではなく契約の翌日から無利息が適用されるケースも

 

無利息期間の長さは消費者金融(銀行)ごとで異なる場合がありますが、よく見かけるのが「30日間」という期間です。

 

そこで気になるのがいつからその無利息期間が始まるのかということですが、こちらに関しても各消費者金融(銀行)で差が生じる場合があります。

 

例えばプロミスの場合は「初回ご出金の翌日から30日間」が無利息期間であるわけですが、アコムの場合は「ご契約の翌日から30日間」が無利息期間となります。

 

ですからもし「出金しない限り無利息期間は始まらない」という思い込みでアコムの無利息期間を利用してしまうと、そのメリットをあまり得られないまま終わってしまう可能性があるのです。

 

3.Web契約などの条件がある場合も

 

無利息期間の適用に際して「Web契約」や「Eメールアドレスの登録」といった条件が設定されていることがあります。

 

こちらに関してもあらかじめ確認しておくと安心です。

 

4.借りすぎには注意

 

これは無利息期間に関わらず言えることですが、とにかく「借りすぎ」には注意してください。

 

とくに無利息期間の味をしめてしまうと、本来なら借りなくてもいいはずなのに新たに借入をしてしまうという問題が出てくることもあります。

 

たとえ利息が発生しなくても借金は借金ですから、本当に必要なときだけ借入をするようにしましょう。

 

気になる「初回限度額」

ほとんどの場合、無利息期間はその消費者金融や銀行を初めて利用する方が対象となるわけですから、その初回にどれくらいまでの借入ができるのかというのも気になってくるのではないでしょうか。

 

この初回限度額に関しては、ほとんどの場合は「50万円以下」となります。

 

いきなり高額な限度額を設定してしまうのは、お金を貸す側としてはリスクが高いですので、初回に関しては限度額にはそこまで期待できません。

 

ただ「無利息期間のうちに返そう!」という目的がある方にとって、少ない限度額はあまり問題ではないはずです。

 

30日間などの決められた期間の中で返せる金額というのは、そこまで多くはありませんからね。

 

また、毎月きちんと返済していたり繰り上げ返済を利用していたりする優良なお客様に対しては「限度額増額の案内」が届けられることがあります。

 

ですから50万円を超える融資を希望する方は、返済遅延などを起こさないように注意しましょう。

【番外編】親などからお金を借りる場合の注意点

 

人によっては「無利息でお金を借りたいなら親を頼ればいいのでは?」と思うこともあるかもしれません。

 

ですがもし親などからお金を借りる場合、あることに注意しなければなりません。その注意点とは一体なんなのでしょうか?

 

贈与と見なされないように注意

親と子などの個人間でのお金の貸し借りで注意すべきは「贈与と見なされないようにすること」です。

 

少額の貸し借りであれば税務署が目をつけることはないでしょうが、多額の金銭が動くような貸し借りですと、税務署から「それは贈与では?」という疑いの目を向けられることがあります。

 

実際は親子間でお金の貸し借りをしているつもりでも、税務署が贈与であると認定すれば贈与税が発生することになります。

 

このような事態にならないようにするためには、「贈与ではなく貸し借りである」ということを立証できるようにしておかなければなりません。

 

そのためには、以下の4点が必要になります。

 

借入額が返済可能な額であること
金銭消費貸借契約書の作成
出世払いなどはせず、親子間でも定期的に返済すること
利息を支払うこと(利息は相場に合った金額でなければならない)

 

また仮にお金の貸し借りであることが認められ贈与税を回避できた場合でも、本来支払うべき利息を支払っていないと、実際の利息との差額を「利益供与」と見なされるため、その利息分に対して贈与税が発生します。

 

親などからお金を借りる場合「無利息が当たり前」というイメージがあるかもしれませんが、実際にはこういった問題が生じる可能性があるのです。

 

親から無利息でお金を借りられないわけではない

上記のように無利息でお金を貸したことで贈与税が発生することもあるのですが、無利息での借入による利益が「暦年贈与の基礎控除額である110万円を超えない程度」であれば利息に対する贈与税は発生しません。

 

例:
“例えば金利2%と考えれば、5500万円を親から借りた→本来の金利は年110万円→実際には金利は払わないため110万円の利益があった→贈与税の基礎控除の範囲内なので贈与税は回避、となります。ですので、利子相当額が110万円を超えない程度なら無利子でもOK、ということになります。”

 

親子間などの個人間でお金の貸し借りをする場合は、「貸し借りである立証できるよう準備すること」、そして無利息でお金を借りる場合は「利息に対しての贈与税のリスクがないか確認すること」などに注意しましょう。

 

さて今回は、「無利息でお金を借りる方法」などを紹介してきましたが何かお役立ていただける情報はありましたでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

無利息でお金を借りる3つの方法!※問題点や限度額はどれぐらい?関連ページ

お金を借りる方法まとめ!
世の中には様々な形でお金を借りる事が出来ますが、今回はそんなお金を借りる方法に関してまとめてみました。消費者金融や銀行、家族や知人など、初めて借りる場合はどこが良いのでしょうか?審査が甘いのは?などをまとめてみました。
安心、安全にお金を借りるには?
お金を借りる際には、将来的な返済計画などを立てなければリスクも少なくありません。安心、安全にお金を借りるにはどこでどのような方法で借りるのが良いでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
お金を借りる流れや必要な書類
お金を借りるのが初めての人にとっては、お金を借りる際の流れや必要書類、誓約書や審査に関して気になってしまうかと思います。今回はそんなお金を借りるのが初めての人に役立つ情報をお届けします。
職場で同僚や先輩にお金を借りるのはアリ?
今回は職場でのお金を貸し借りや、消費者金融や銀行からお金を借りる際に職場連絡は絶対にあるのか?などについてまとめてみました。職場にバレずにお金をかりたいと言う人は是非チェックしてくださいね。
お金を借りるならどこが良い?
いざお金を借りたいと思っても、どこで借りればいいのか?借りる場所や、家族にバレずに借りる方法などが分かりません。そこで今回は、お金を借りるならどこが良いか?を状況などに合わせてご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。
急な出費でお金がない時の対処とやりくり
急な出費でお金がない!そんな時にどうすれば良いか?3つの対処とやりくりの方法を今回はわかりやすくまとめてみました。バイトや節約、キャッシングなど、状況別のオススメやポイントなどをわかりやすく紹介しています。
お金がない時の旅行やデート!緊急でお金を借りるには?
お金がない時でも、誘いなどから旅行やデートに行かなければならない場合もあります。そんな時に緊急でお金を借りる方法などについて今回はまとめてみました。
お金を借りる事の出来る年齢や年収まとめ!
お金を借りる際には、年齢や年収、職業などが大きくかかわってきますが、どれぐらい審査に影響するのか?主婦や学生でも借りる事は出来るのか?は気になるところです。今回はそんなお金を借りる事の出きる年齢や年収などについてまとめてみました。
サラ金でお金を借りるメリットとデメリットまとめ!
サラ金(消費者金融)と聞くとあまり良いイメージは浮かびませんが、最近は大手の銀行と提携している所も多く安心して借りる事が出来るようになってきています。そこで今回はサラ金(消費者金融)からお金を借りるメリットとデメリットに関してまとめてみましたので、是非ご参考くださいね。
借りるのに必要はものは?
今回はサラ金(消費者金融)や銀行でお金を借りるのに必要なものや書類、証明書などについてまとめてみました。銀行とサラ金で借りるのでは、必要なものが違ってくるのか?などもまとめてみましたので、是非ご参考くださいね。
個人間融資の安全性について
最近ネット上でも話題の個人間融資について、その安全性や違法性、安心して利用できる掲示板やサービスはあるのか?についてまとめてみました。法律的にはどうなのか?考えられるリスクは?など気になる疑問を徹底解説しています。
個人間融資のトラブル事例まとめ!
個人間融資で考えられるトラブルや、今までに前例のある詐欺被害などについて詳しく調査してみました。個人間融資を利用して逮捕されることはあるのか?など気になる情報も紹介しています。
個人間融資の利息まとめ!
個人間融資の上限金利や利息、法律的にはどのようになって法は整備されているのか?などについてまとめてみました。個人間融資の金利相場と銀行、消費者金融は違うのか?低金利で安心して借りれるところはないのか?などを紹介していきます。
個人間融資って本当に借りれるの?
ネットで噂の個人間融資に関して、本当に借りることはできるのか?実際に借りた人の体験談はあるのか?などを調査してまとめてみました。これから個人間融資を検討しているなら、是非チェックしてみてくださいね。
個人間融資の契約書
個人間融資を行う場合、契約書や借用書などはどうすればいいのでしょうか?書き方や個人間融資を受ける前に知っておきたいことなどはあるのか?をまとめてみました。リスクや安全性など気になっているという人は目を通してみてください。
在籍確認なしでもお金を借りれる?
個人間融資は在籍確認なしでもお金を借りる事は出来るのか?無職でも大丈夫なのか?などについてまとめてみました。無職、主婦でもお金を借りれると言うのは本当なのか?メリットやデメリットは何なのか?についても紹介しているので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
フリーターでも融資は可能?
お金を借りたいフリーターやアルバイト、パートの方の為に、融資は受けることが出来るのか?受けることが出来る場合、銀行や親、友人や個人間融資などどこがいいのか?などもまとめてみましたので、興味がある方は是非目を通してみてくださいね。
急にお金が要る時に試したい7つの方法
急な出費で今すぐにお金が必要になるというケースもあります。そんなときに試したい7つの方法を分かりやすくまとめてみました。今すぐにお金が必要な人や、近い将来急な出費が予定されていて困っているという場合は是非試してみてくださいね。
貯金がない不安を解消する7つの方法
今現在働いていても、給料が安く中々貯金ができないという人も少なくありません。そんな貯金がない人の場合、常に不安な気持ちに襲われてしまいますが、そんな場合に不安を解消する7つの方法についてまとめてみました。
銀行でお金を借りる方法と流れ!
銀行でお金を借りるとなると、いろいろな手続きや書類が必要な気がしますが実際はどうなのでしょうか?今回は銀行から融資を受ける場合の流れや必要なもの、即日融資は可能なのか?審査の日数は?などについてまとめてみました。
他社借り入れ額まとめ!
カードローンを申し込むとき他社借入金額を記入する項目があり、他社からの借り入れがある場合審査に影響を及ぼす場合があります。キャッシングやカードローンの申し込みで他社借入件数や借入残高がどのように影響するか、他社の借り入れがあってもキャッシングができる方法などをまとめて紹介します!
他社借入を1本化する方法
キャッシングやカードローンを複数の会社で借り入れしているという方で、毎月の返済が大変とお悩みの方も多いと思います。なるべく低金利で他社借入を一本化する方法や専業主婦でもおまとめローンの審査が通る方法などを紹介していますので、他社借入の一本化を希望している方はぜひ参考にしてください。
他社借入があるとクレジットカードは作れない?
クレジットカードやカードローンを申し込む際に他社借入金額や件数を申請しなければいけません。他社借入が多いと審査が通らなかったりクレジットカードが作れないという場合もあります。他社借入がどのくらいあるとクレジットカードが作れないのか、現金枠の審査基準などについてまとめましたのでぜひチェックしてください。
他社借入で審査が通らない目安は?
借入があるけどお金を借りたい、そんな時消費者金融や銀行では他社借入があると審査が通らないという場合もあります。借入の申し込みの際、どこまで他社借入金額や件数を申請すればよいのか、他社借入があっても審査が通る目安はどのくらいなのかなどについて詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
借入診断が出来るサイトまとめ!
銀行カードローンやキャッシング会社で借り入れをしたいけど、審査が通るのか不安・・・という方も多いと思います。そんな方のために簡単な項目を入力するだけで借り入れができるかどうか診断できるサイトがあります。様々な借入診断や融資趣味レーションはできるサイトがありますが、その中でも信頼できるサイトをまとめて紹介します!
自動契約機の仕組みや借り入れの流れ
大手消費者金融では借入の際、無人の自動契約機を利用して借り入れをすることが出来ます。この自動契約機の仕組みや借入の流れ、手続きの方法や書類、申請などをどうすればよいかなど、詳しく紹介します。自動契約機についての疑問にお答えしますので是非参考にしてください。
プロミスの無利息って本当?
一定の期間内は無利息で借り入れができる無利息キャッシングサービスを設けている会社もあります。キャッシング会社のプロミスも無利息キャッシングサービスを行っている会社の一つですが、本当に無利息でお金を借りることが出来るのか、無利息になる条件などをまとめました。また、ほかのノーローンやアコムなどとの違いについてもまとめています。
無利息期間がある消費者金融まとめ
お金は必要だけどすぐに返せる見込みがあるなら、一定期間無利息で借りることが出来る無利息キャッシングサービスを利用しましょう。長ければ30日間無利息でお金を借りることが出来ます。30日の無利息機関がある消費者金融や銀行キャッシングをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
銀行系カードローンは審査が甘い?
銀行系カードローンは審査が厳しいというイメージがありますが、本当は審査が甘いという噂もあります。銀行系カードローンが審査が甘いのかどうか、その審査基準や消費者金融との比較などを検証してまとめました。銀行系カードローンの申請を考えている方はぜひ参考にしてください。