個人間融資 利息

個人間融資の利息まとめ!個人の場合の利息の上限や法定金利は?

「個人間融資の利息まとめ!【個人の場合の利息の上限や法定金利は?】」がイメージできる画像01

 

ネットの普及と共に最近よく耳にする個人間融資、消費者金融や銀行に比べると、借入れ時の面倒な手続きがなく簡単にお金を手に入れられることで知られています。

 

しかし、簡単に借りられる反面、金利がどれくらいなのか?という不安も多く、個人間融資の利用に距離を置く人も少なくありません。

 

このように、個人間融資の利息に不安を抱える人は以下の様に悩んでいるようです。

 

「お金が欲しい!間に合わないから個人間融資かな・・・利息はどれくらい?」
「金利が安いところでお金を借りよう!個人間融資はどれくらいが相場だろうか・・・」
「消費者金融などより審査が楽?でも利息はどれくらいなんだろう・・・」
「やっぱり安心、安全が最優先かな・・・どこでお金を借りようか・・・」

 

もしかするとあなたもこのように悩み、当ページをご訪問頂いたのではないでしょうか?そこで今回は個人間融資の利息について詳しくまとめてみました。

 

もちろん個人間融資の利息以外にも安心、安全にお金を借りれる場所についてもご紹介していますので、ご興味があるようでしたら是非チェックしてみてください。


個人間融資の上限金利や利息って、法律的にはどうなってるの?まとめ

 

融資は返すことが大前提ですが、あまり借りることばかり考えていると「返済額がとんでもないことになってしまった!」という事態になりかねません。

 

そもそも軽視しがちな利息というものは、短期間で返却すれば良いのですが、元々長期返済を考えていたり、返済中に出費があり返済期間が長期化してしまった場合には大きな借金へと変化してしまいます。

 

そこで、個人間融資の上限金利や利息はどれくらいなのか?法律的にはどうなっているのか?についてまとめてみました。

 

個人間融資の上限金利や利息って、法律的にはどうなっているの?

個人間というだけで金利や利息は「自由でいいんじゃないの?」と考える人もいるようですが、自由にしてしまうとトラブルが多く発生してしまう為、個人間でも適用される法律は存在します。

 

ですが法律は出資法と利息制限法の2つあり、内容的には少し異なっているようです。

 

出資法

 

利息制限法は個人と法人両方に20%という上限金利適用されますが、出資法の個人間融資は少し異なり、上限金利が年109.5%、うるう年は109.8%と定められています。

 

出資法の場合、もし法律で定められた金利を超過すると、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金という刑事罰の対象となります。

 

利息制限法

 

個人、法人の双方で適用されるのが特徴で、上限金利は年20%ですが貸付する金額により18%、15%と金利が定められています。

 

また個人間融資以外にも、主に消費者金融や銀行がこの法律に従うような形で営業を行っており、出資法と違い罰則等はありませんが、もし法定金利を超過した場合は行われている貸借は「無効」になります。

 

個人間融資ではどちらが適用されるの?

結論から言うと、ほとんどの個人間融資が年20%の利息制限法に沿うようですが、一部では利息制限法には罰則がないことから出資法を採用しているところもあります。

 

しかし、出資法に基づき高い金利を設定しているところは詐欺かヤミ金の疑いが高く、そもそもあまり高い金利だと債務超過に堕ちってしまう危険性もあり根本的に利用することはオススメできません。

 

じゃあ20%以内の金利なら安心なんでしょ?と考える人もいると思いますが、どこが良質なのかは分からない点では一緒!危険が伴うことに変わりはないのです。

個人間融資の金利相場は銀行や消費者金融の金利と違うの?

 

お金を借りる上で金利の違いは後に大きく響いてくる時があります!そこで個人間融資の金利相場、そして銀行や消費者金融との違いについてまとめてみました。

 

個人間融資の相場ってどれくらい?

出資法の「年109.5%まで刑事罰が与えられない」という性質上、実際に80%とか90%という金利を提示してくるところもありますし、ネット上のQ&Aなどを見てみると、この範囲で借入れしてしまったという人もいます。

 

しかし、貸借金利の無秩序を防ぐ利息制限法だと年20%を超える金利は許されていませんから、普通の貸借であれば本来このような高い金利など有り得ません。

 

したがって、高すぎる金利設定を防ぐための利息制限法による年20%という金利が一つの基準と考えても良いでしょう。

 

銀行と消費者金融の金利はどれくらい?

銀行や消費者金融の場合、貸金業として登録していますし、主に利息制限法を適用していますから、金利の上限は年20%となっています。

 

その中でも銀行は消費者金融と比較しても低めで14〜17%が多く、貸付金額次第では2〜3%台と驚異的な金利となっています。

 

個人間融資、銀行や消費者金融のどちらを選ぶ?

貸金業として業を行っている銀行や消費者金融は、ヤミ金など意外はは全て利息制限法で定められた金利設定となっています。

 

もちろん個人間融資でも利息制限法は有効ですが、問題なのは「健全なところを探すのが容易ではない」という部分!どのように見極めていくかといった点では圧倒的に銀行や消費者金融の方が分かりやすくなっています。

個人間融資よりも低金利で安心にお金を借りるならどこが良い?まとめ

 

世の中には「トイチ」というヤミ金などによく見る法外な利息もあり、一度利用してしまうと永遠に借金から逃れることができず、結局人生を台無しにしてしまう人もいます。

 

何の為にお金を借りるのか?といえば、もちろん急な出などに対応する為ですから、借りた結果として借金地獄になるのであれば本末転倒!そうならない為にも、低金利で安心なところでお金を借りたいものです。

 

貸金業法として登録した金融会社なら安心、安全?

比較的金利の自由度が高い個人間融資と違い、貸金業法で認められ営業している銀行や消費者金融では上限金利は年20%までとしっかり規定されています。

 

もちろん、この数字を超えるところは違法業者ですから「どこが安全かな?」と考えた時は、個人間融資よりも安心安全の基準がはっきりとしています。

 

低金利で安心にお金を借りれるオススメは?

貸金業として認可を受けた銀行と消費者金融の中で比較的低金利で安心にお金を借りれるところをご紹介します。

 

銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン(年率)3.0〜17.8%
  • みずほ銀行カードローン  (年率)3.0〜7.0%
  • 楽天銀行         (年率)4.9〜14.5%

 

 

消費者金融

 

  • アコム  (年率)4.7〜18.0%
  • プロミス (年率)4.5〜17.8%
  • モビット (年率)3.0〜18.0%
  • ノーローン(年率)4.9〜18.0%

 

※銀行や消費者金融は法律上上限が年20%の金利に設定されてますので、もしこれ以上の金利の金融会社は違法業者となります。

 

無利息ってところもある!?

当ページにご訪問頂いたあなたは、もちろん「利息や金利」が気になりご訪問頂いたと思いますが、無利息でお金を借りることができるサービスをご存じでしょうか

 

「もう少しで給料なんだけど・・・今すぐお金が欲しい!」という人は、アコムやプロミスなどの30日間無利息のサービスがオススメ!

 

一定条件を満たせば、なんと3日間無利息でお金を借りられますし、個人間融資などの利息に悩む必要もありませんので、是非ご検討してみてはいかがでしょう。

 

今回は個人間融資の利息についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?たとえお金を借りたとしても利息部分はどうしても無駄に感じてしまいます。

 

また長期間返済が続けば、小さな利息も気付けば大きな金額に!そうならない為にも、借入れる場所や利息についてしっかり調べた上で融資を受けるようにしましょう。

個人間融資の利息まとめ!【個人の場合の利息の上限や法定金利は?】関連ページ

お金を借りる方法まとめ!
世の中には様々な形でお金を借りる事が出来ますが、今回はそんなお金を借りる方法に関してまとめてみました。消費者金融や銀行、家族や知人など、初めて借りる場合はどこが良いのでしょうか?審査が甘いのは?などをまとめてみました。
安心、安全にお金を借りるには?
お金を借りる際には、将来的な返済計画などを立てなければリスクも少なくありません。安心、安全にお金を借りるにはどこでどのような方法で借りるのが良いでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。
お金を借りる流れや必要な書類
お金を借りるのが初めての人にとっては、お金を借りる際の流れや必要書類、誓約書や審査に関して気になってしまうかと思います。今回はそんなお金を借りるのが初めての人に役立つ情報をお届けします。
職場で同僚や先輩にお金を借りるのはアリ?
今回は職場でのお金を貸し借りや、消費者金融や銀行からお金を借りる際に職場連絡は絶対にあるのか?などについてまとめてみました。職場にバレずにお金をかりたいと言う人は是非チェックしてくださいね。
お金を借りるならどこが良い?
いざお金を借りたいと思っても、どこで借りればいいのか?借りる場所や、家族にバレずに借りる方法などが分かりません。そこで今回は、お金を借りるならどこが良いか?を状況などに合わせてご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。
急な出費でお金がない時の対処とやりくり
急な出費でお金がない!そんな時にどうすれば良いか?3つの対処とやりくりの方法を今回はわかりやすくまとめてみました。バイトや節約、キャッシングなど、状況別のオススメやポイントなどをわかりやすく紹介しています。
お金がない時の旅行やデート!緊急でお金を借りるには?
お金がない時でも、誘いなどから旅行やデートに行かなければならない場合もあります。そんな時に緊急でお金を借りる方法などについて今回はまとめてみました。
お金を借りる事の出来る年齢や年収まとめ!
お金を借りる際には、年齢や年収、職業などが大きくかかわってきますが、どれぐらい審査に影響するのか?主婦や学生でも借りる事は出来るのか?は気になるところです。今回はそんなお金を借りる事の出きる年齢や年収などについてまとめてみました。
サラ金でお金を借りるメリットとデメリットまとめ!
サラ金(消費者金融)と聞くとあまり良いイメージは浮かびませんが、最近は大手の銀行と提携している所も多く安心して借りる事が出来るようになってきています。そこで今回はサラ金(消費者金融)からお金を借りるメリットとデメリットに関してまとめてみましたので、是非ご参考くださいね。
借りるのに必要はものは?
今回はサラ金(消費者金融)や銀行でお金を借りるのに必要なものや書類、証明書などについてまとめてみました。銀行とサラ金で借りるのでは、必要なものが違ってくるのか?などもまとめてみましたので、是非ご参考くださいね。
個人間融資の安全性について
最近ネット上でも話題の個人間融資について、その安全性や違法性、安心して利用できる掲示板やサービスはあるのか?についてまとめてみました。法律的にはどうなのか?考えられるリスクは?など気になる疑問を徹底解説しています。
個人間融資のトラブル事例まとめ!
個人間融資で考えられるトラブルや、今までに前例のある詐欺被害などについて詳しく調査してみました。個人間融資を利用して逮捕されることはあるのか?など気になる情報も紹介しています。
個人間融資って本当に借りれるの?
ネットで噂の個人間融資に関して、本当に借りることはできるのか?実際に借りた人の体験談はあるのか?などを調査してまとめてみました。これから個人間融資を検討しているなら、是非チェックしてみてくださいね。
個人間融資の契約書
個人間融資を行う場合、契約書や借用書などはどうすればいいのでしょうか?書き方や個人間融資を受ける前に知っておきたいことなどはあるのか?をまとめてみました。リスクや安全性など気になっているという人は目を通してみてください。
在籍確認なしでもお金を借りれる?
個人間融資は在籍確認なしでもお金を借りる事は出来るのか?無職でも大丈夫なのか?などについてまとめてみました。無職、主婦でもお金を借りれると言うのは本当なのか?メリットやデメリットは何なのか?についても紹介しているので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
フリーターでも融資は可能?
お金を借りたいフリーターやアルバイト、パートの方の為に、融資は受けることが出来るのか?受けることが出来る場合、銀行や親、友人や個人間融資などどこがいいのか?などもまとめてみましたので、興味がある方は是非目を通してみてくださいね。
急にお金が要る時に試したい7つの方法
急な出費で今すぐにお金が必要になるというケースもあります。そんなときに試したい7つの方法を分かりやすくまとめてみました。今すぐにお金が必要な人や、近い将来急な出費が予定されていて困っているという場合は是非試してみてくださいね。
貯金がない不安を解消する7つの方法
今現在働いていても、給料が安く中々貯金ができないという人も少なくありません。そんな貯金がない人の場合、常に不安な気持ちに襲われてしまいますが、そんな場合に不安を解消する7つの方法についてまとめてみました。
銀行でお金を借りる方法と流れ!
銀行でお金を借りるとなると、いろいろな手続きや書類が必要な気がしますが実際はどうなのでしょうか?今回は銀行から融資を受ける場合の流れや必要なもの、即日融資は可能なのか?審査の日数は?などについてまとめてみました。
他社借り入れ額まとめ!
カードローンを申し込むとき他社借入金額を記入する項目があり、他社からの借り入れがある場合審査に影響を及ぼす場合があります。キャッシングやカードローンの申し込みで他社借入件数や借入残高がどのように影響するか、他社の借り入れがあってもキャッシングができる方法などをまとめて紹介します!
他社借入を1本化する方法
キャッシングやカードローンを複数の会社で借り入れしているという方で、毎月の返済が大変とお悩みの方も多いと思います。なるべく低金利で他社借入を一本化する方法や専業主婦でもおまとめローンの審査が通る方法などを紹介していますので、他社借入の一本化を希望している方はぜひ参考にしてください。
他社借入があるとクレジットカードは作れない?
クレジットカードやカードローンを申し込む際に他社借入金額や件数を申請しなければいけません。他社借入が多いと審査が通らなかったりクレジットカードが作れないという場合もあります。他社借入がどのくらいあるとクレジットカードが作れないのか、現金枠の審査基準などについてまとめましたのでぜひチェックしてください。
他社借入で審査が通らない目安は?
借入があるけどお金を借りたい、そんな時消費者金融や銀行では他社借入があると審査が通らないという場合もあります。借入の申し込みの際、どこまで他社借入金額や件数を申請すればよいのか、他社借入があっても審査が通る目安はどのくらいなのかなどについて詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
借入診断が出来るサイトまとめ!
銀行カードローンやキャッシング会社で借り入れをしたいけど、審査が通るのか不安・・・という方も多いと思います。そんな方のために簡単な項目を入力するだけで借り入れができるかどうか診断できるサイトがあります。様々な借入診断や融資趣味レーションはできるサイトがありますが、その中でも信頼できるサイトをまとめて紹介します!
自動契約機の仕組みや借り入れの流れ
大手消費者金融では借入の際、無人の自動契約機を利用して借り入れをすることが出来ます。この自動契約機の仕組みや借入の流れ、手続きの方法や書類、申請などをどうすればよいかなど、詳しく紹介します。自動契約機についての疑問にお答えしますので是非参考にしてください。
無利息でお金を借りる方法!
お金は必要だけど利息は払いたくない、というのが本音ですよね。では無利息でお金を借りる方法はあるのでしょうか。実はカードローンやキャッシングでは一定期間の間に返済すると無利息でお金を借りることが出来る場合もあるのです。無利息でお金を借りる方法やその問題点、限度額について詳しくまとめていますので是非チェックしてください。
プロミスの無利息って本当?
一定の期間内は無利息で借り入れができる無利息キャッシングサービスを設けている会社もあります。キャッシング会社のプロミスも無利息キャッシングサービスを行っている会社の一つですが、本当に無利息でお金を借りることが出来るのか、無利息になる条件などをまとめました。また、ほかのノーローンやアコムなどとの違いについてもまとめています。
無利息期間がある消費者金融まとめ
お金は必要だけどすぐに返せる見込みがあるなら、一定期間無利息で借りることが出来る無利息キャッシングサービスを利用しましょう。長ければ30日間無利息でお金を借りることが出来ます。30日の無利息機関がある消費者金融や銀行キャッシングをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
銀行系カードローンは審査が甘い?
銀行系カードローンは審査が厳しいというイメージがありますが、本当は審査が甘いという噂もあります。銀行系カードローンが審査が甘いのかどうか、その審査基準や消費者金融との比較などを検証してまとめました。銀行系カードローンの申請を考えている方はぜひ参考にしてください。