キャッシング 審査 借金

キャッシングの審査は借金があると通らない?他社借入がある場合は?

「キャッシングの審査は借金があると通らない?他社借入がある場合は?」がイメージできる画像01

 

消費者金融や銀行のキャッシングは、急な出費に対して大きな力を発揮しますので、生活している上でお金に困った時には大変助かるサービスです。

 

その為、その利便性を知る人はキャッシング契約を結ぼうと申し込みするのですが、全ての人が通る訳でもなく何度も審査をしている人も少なくありません。

 

このように審査に申し込もうと思う人の中には、既に借金をしている人も多く、以下の様に悩んでいるようです。

 

「借金があると新たな審査は通らない?これって本当かな・・・」
「借金の金額って審査に関係あるかな・・・借金を減らした方がよい?」
「他社借入があると審査は厳しい?借入れは一社だけしかできないのかな・・・」
「他社借入れがある場合はどうしたらよい?良い方法ないだろうか・・・」

 

もしかするとあなたもこのように悩んでいるのではないでしょうか?たとえ借金があったとしても、お金が必要な時はあるでしょう。

 

しかし借金すると、新規借入ができないと思う人も多く、実際はどうなのかを調べる価値はあるかも?そこで今回は、キャッシングの審査は借金があると通らないのかについて詳しくまとめてみたいと思います。

 

もちろん、キャッシングの審査は借金があると通らないのか以外にも、他社借入がある場合についてもご紹介していますので、ご興味があるようでしたら是非ご覧になってください。


キャッシングの審査と借金の関係!どれくらい影響するの?まとめ

 

どのような理由でキャッシングをしたいのかは個々で理由が違い、借金を返す為や更にお金が必要など様々な理由があるようです。

 

しかし、巷では「借金をしているとキャッシング審査は通らない」というような話もよく聞きますので、実際本当なのかを調べてみました。

 

借金はキャッシングの審査に影響する?

現在あなたが借金を抱えているとすれば、消費者金融や銀行も少なからず新規審査に影響してくるかも?お金を貸す立場としては、出来るだけクリーンな状態を好む傾向にありそうです。

 

例えば、

長年安定した収入がある人
キャッシングの経歴がキレイな人(滞納や遅延がないなど)
借金を抱えていない人

 

確証はありませんが、金融会社として上記の様な信用性の高い人に優先的に貸し出す傾向あり!ですが、よく見てみると必ずしも借金があるば審査は通らないという訳でもないようです。

 

しかし、消費者金融と銀行では金融会社の形態が違いますから、借金がある場合の影響は若干違いはあるかもしれません。

 

消費者金融の審査に借金はどれくらい影響する?

 

総量規制の対象となる消費者金融では、原則収入の1/3以上の貸付が法律により禁じられています。

 

したがって複数キャッシング契約をしていたり、返済残高が多いと必然的に契約時の借入金額が減額されますし、最悪の場合融資不可となってしまう恐れもありそうです。

 

銀行の審査に借金はどれくらい影響する?

 

総量規制のない銀行といっても油断は禁物!お金を貸す立場として、申込者の返済能力は重要ですから、あまりにも借金が多い時は警戒されてしまう可能性もあります。

キャッシングの審査は他社借り入れがあっても通る事はある?まとめ

 

他社借り入れがある人にとって一番気になるのは、審査に通るのか?通らないのか?という点、ここさえ分かれば、勇気を出して審査に挑むことができるかもしれません。

 

キャッシングの審査は他社借り入れがあっても通る事はある?

金融会社のホームページなどに「他社借り入れがある場合は融資不可!」という記載が確認できない以上、前項でも少し触れましたが、一定の条件を満たしていればキャッシングの審査通過は可能ということになります。

 

しかし、キャッシングの審査及び審査通過は有り得る話かもしれませんが、審査通過を保証するものでもないことは理解しておきましょう。

 

おまとめローンって知っていますか?

「おまとめローン」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?文字通り今ある複数のローンを一括にまとめること、ということは借金があっても申し込めるというように理解できます。

 

もちろん、金融会社毎に制約があり追加融資可と不可は別れますので要注意、追加融資可(※年収など条件あり)であればオリックス銀行などが有名です。

一度でも他社で滞納や支払い遅れがあった場合、審査は通らない?まとめ

 

滞納や支払い遅れは、お互いに気まずくなるだけでなく、あなたの信用情報にも傷がつき新規でキャッシングに申し込もうとしても最悪の場合拒否されてしまいます。

 

もちろん、一度だけでも拒否されるのでは・・・と不安になる人も多いようですが、果たしてどうなんでしょうか?

 

一度でも他社で滞納や支払い遅れがあった場合、審査は通らない?

審査の時に、他社の滞納や支払い遅れの事実はかなり致命的なもの、それがたった一度だとしても金融会社から見るとあまり印象の良い出来事とは言えません。

 

年収、職業、家族構成、借金の状態など審査の基準となる項目はたくさんありますが、その中でもやはり「信用」は、お金を貸付する金融会社にとって一番大切といっても過言ではない重要なことです。

 

長い期間滞納していたり、遅延を繰り返せばもちろんブラックとして登録される確率も高くなりますが、うっかり忘れてしまい「支払いが少し遅れた!」という程度であれば、重大な事故として扱われず審査に響かない可能性もあります。

 

どちらにせよ、基準が公表されていない以上、多少なりとも審査に影響すると考えた方が良いかも?最終的には各金融会社の判断次第!だからこそ、日ごろから信用に傷をつけないような生活を送る必要があるのです。

 

滞納や支払い遅れ!遠い過去の話なら大丈夫?

滞納や遅延の情報は、信用情報機関に登録されてしまいますが、登録されている期間については明確に定められている為、一定時期を過ぎれば記録は抹消されます。

 

ちなみにCICでは、遅延や延滞の情報は「契約期間中および契約終了後5年以内」と定めていますので、5年を過ぎていれば安心して審査を受けられそうです。

 

ただし、過ぎた事とはいえ遅延延滞は好ましくありません!このような事は二度と起こさないようにしましょう。

 

今回はキャッシングの審査は借金があると通らない?他社借入れがある場合は?について詳しくまとめてました。

 

たとえ借金があったとしても借入不可とは限らない、また借金の金額やあなたの信用がどれほど重要な要素なのかも分かって頂けたのではないかと思います。

 

どうせ借りられないし・・・という思い込みだけでは、せっかくのチャンスも逃してしまいますので、是非一度あなたの借入状況や返済履歴を再確認してみてください。

キャッシングの審査は借金があると通らない?他社借入がある場合は?関連ページ

審査が通らない理由と対策
急なお金の入用に便利なキャッシングですが、人によっては審査が通らない事もよくあります。こちらのページでは、そんな審査が通らない理由や対策、審査なしのキャッシングについてをまとめてみました。
審査は無職だと通らない?
キャッシングの審査に職業は重要だとされていますが、果たして無職でもお金を借りる事は出来るのでしょうか?主婦やフリーターなら?配偶者名義でも申し込み出来るのか?など、キャッシングの審査に関してくわしくまとめてみました。
審査は必ず会社に電話があるの?
お金を借りるときは、会社や自宅に在籍確認があるという噂ですが、キャッシングの審査は必ず電話があるものなのでしょうか?会社への在籍確認なしで借りられる消費者金融や銀行は?などについて調査し、まとめてみました。
キャッシングの審査時間まとめ!
キャッシングに申し込もうと思うとネックになるのは審査ですが、特にお金を早く借りたい人にとって、審査時間と言うのは気になるところです。そこでこちらのページでは、審査基準や審査時間についてをまとめてみましたので、是非参考にしてくださいね。
審査で嘘は可能?収入欄はどうすべき?
キャッシングの審査の際には申込書を必ず書きますが、収入面などで嘘をつくと必ず審査にとおらないのでしょうか?また勤続年数や収入欄はどのようにかけば審査に通りやすいのでしょうか?こちらについて今回はまとめてみました。
審査スピードが早い所ってある?
キャッシングを申し込む上では審査スピードはとても重要となります。今回はそんな審査スピードについて、消費者金融各社の審査時間や審査の流れ、即日融資してくれるところはあるのか?についてまとめてみました。
複数社に審査を申し込むメリットとデメリット
キャッシングの審査は、各社によって審査の厳しさも変わる為、複数の消費者金融や銀行に申し込む方が良い様な気がします。今回はそんな複数社に審査を申し込むメリットとデメリットについてまとめてみました。
個人事業主や自営業のキャッシング審査まとめ!
個人事業主や自営業の場合、安定した収入がない人も多く、キャッシングの審査が通るのか?と言う疑問を持つ人も少なくありません。そんな個人事業主や自営業者にオススメの消費者金融や銀行キャッシングに関して今回はまとめてみました。