カードローン 返済の仕方

カードローンの返済の仕方と方法まとめ!仕組みや返済日は?

「カードローンの返済の仕方と方法まとめ!【※仕組みや返済日は?】」がイメージできる画像01

 

急な出費でお金に困り、借りることで緊急事態を脱してホッと一息!とりあえず借りることに専念してしまい、意外と返済については考えていない時もあります。

 

まして急ぎ消費者金融や銀行などで借入れをする時は時間がない為「時間ないし、どんな方法でもいいや!」と適当に決めてしまい、後々返済方法に後悔してしまう人も少なくありません。

 

また、これから借りようとする人も返済については、以下の様に悩んでいるようです。

 

「お金借りたいけど・・・返済ってどうするのか不安だな・・・」
「カードローンの返済はどういう方法がある?どこも同じだろうか・・・」
「あまり利子を払いたくないな!でもカードローンだから仕方ないか・・・」
「金融会社の返済日っていつ?どう決めるのかな・・・指定できる?」

 

いざお金を借りようと考えても、「今更、返済については聞けないなぁ・・・」と一人で悩んでいては、結果的にあなた自身に負担が掛かってしまう可能性もあります。

 

そこで今回は、今更聞けないカードローンの返済の仕方と方法について、詳しくまとめてみました。

 

もちろん、カードローンの返済の仕方と方法だけではなく、仕組みや返済日についてもご紹介していますので、是非ご覧になってください。


カードローンの返済の仕方と方法まとめ!

 

意外と知らない返済の仕方と方法ですが、調べてみると様々な方法が用意されていますので、もしかするとあなたに合う方法が見つかるかもしれません。

 

返済できる場所ってどんなところがある?

消費者金融や銀行系カードローンでは、ATM(専用、提携)をはじめ店舗での返済、銀行振り込みや口座引き落としなど様々な返済方法を用意しています。

 

専用ATMや提携ATMで返済する

 

アコムを例に挙げるなら、CMなどで有名な「むじんくん」のATM、そして以下の様な提携ATMで返済可能です。

  • MUFG(三菱東京UFJ銀行)
  • ZEROBANK
  • 三井住友銀行
  • E.NET
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イオン銀行

その他地方銀行多数
※利用可能時間は各ATMによって異なります。

 

セブン銀行などはアコムに限らず、多くの金融会社が提携していてセブンイレブンの全国店舗数(約1,8700店)を考えると返済方法としてはかなりの利便性を感じます。

 

近くの店舗窓口で返済する

 

あまりこの方法を活用する人は少ないと思いますが、契約時や解約時などは店舗の方が便利という一面があります。

 

特に解約したい場合、返済額に小銭が残っていると完済扱いになりますが解約はできません!

 

しかもほとんどのATMでは紙幣の扱いのみ・・・したがって小銭を返済する方法の一つとして店舗の利用が出てくる可能性もあるのです。

 

銀行振り込み(ネットも含む)や口座引き落とし

 

指定口座への振り込みやあなたの口座からの引き落としも方法の一つ、ただし引き落としの場合、万が一引き落とす分のお金が入ってなければ金融事故に発展しかねないので十分注意してください。

 

もし、このような事態になりそうな時は金融会社のコールセンターなどに事前に連絡しておけば柔軟に対応してくれるかもしれません。

 

カードローンの返済はどんな方法がある?

「何度かに分けて返済するんでしょ?」という漠然とした知識で借入れするのは少し怖いかも?確かにほとんどが分割ですが完全に自由な返済でOKという訳ではありません。

 

思いつく返済方法としては「分割、一括、定額」と色々言葉が思いつきますがカードローンの場合はリボ払いが主流といって良いでしょう。

 

リボ払いとは?(リボルビング払い)

 

毎月決められた金額を返済する方法で、比較的一回の返済金額が低く、予め決められた金額さえ入金していれば良い反面、返済金額内の利息充当分が多いので、返済期間が長期化してしまうというデメリットもあります。

 

しかし、お金に余裕があれば約定金額以上の返済も可能ですし、返済額が生活に響くことも少なく、メリットを感じる人も多いと言われています。

 

またリボ払いには、大きく分けると元金定率方式と元利定率方式、そして残高スライド元利定額リボルビング方式の3種類があり、どちらを選ぶかで返済期間が多少変わってきます。

 

元金定率リボルビング方式

 

毎月の返済金額で元金充当部分が決まっていることを指し、毎月の元金充当割合が低ければ必然的に返済期間は元利均等方式よりも長くなる傾向があります。

 

元利定率リボルビング方式

 

元金均等方式の逆で借入金額と返済回数から計算し利息を固定化した方法、この場合利息充当分が減り、一回の返済に充当する元金は多くなります。

 

残高スライド元利定額返済方式

 

返済期間中、借入残高が減少していくと毎月の最低返済額が残高の減少と同様に減少していく方式、現在多くの消費者金融や銀行系カードローンで採用されている方式です。

  • プロミス アイフル レイク

もちろん、どの返済方法を選ぶのかはあなた次第ですが、毎月予め約束された返済日に一定額の入金(返済)をしないといけません。

 

元利定率リボルビング方式

 

じつははアコムだけ「元利定率リボルビング方式」を採用していて、借入れ残高に対して一定の割合を賭けた金額の返済になっています。

 

その為、借入れ金額にもよりますが他社に比べると、毎回の返済額は比較的低い傾向にあります。

カードローンの返済の仕組み!まとめ

 

カードローンの返済の仕方や方法は、ずいぶん柔軟に感じますが、どのような仕組みになっているのか興味があるところ!「そろそろ完済のはずなんだけど・・・」と返済期間が長く感じる人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、カードローンの返済の仕組みについて詳しく調査しましたので、返済時の参考にしてみてください。

 

返済として振り込んだ時の元金と利息はどれくらい?

実際プロミスのサイトにて返済シミレーションを行ってみました!

 

例)プロミスの場合

  • 借入金:10万円
  • 支払回数:12回払
  • 借入金利年率:17.8%

 

返済回数  返済額    元金    利息    残高
1回目  9,158 7,675 1,483 92,325
2回目  9,158 7,789 1,369 84,536
3回目  9,158 7,905 1,253 76,631
4回目  9,158 8,022 1,136 68,609
5回目  9,158 8,141 1,017 60,468
6回目  9,158 8,262   896 52,206
7回目  9,158 8,384   774 43,822
8回目  9,158 8,508   650 35,314
9回目  9,158 8,635   523 26,679
10回目 9,156 8,763   395 17,915
11回目 9,158 8,893   265  9,023
12回目 9,156 9,023   133      0

 

※単位;円
※うるう年や月の日数により金額が異なる時もあります。
※借入金額や返済期間を変えると上記返済額も変わります。

 

累計

  • 総返済額109,894
  • (元金合計100,000)
  • (利息合計  9,894)

 

もし借入額がもっと多く返済期間が長い場合は、返済途中の借入残高に応じて返済金額の変更ができます。

 

また、お金に余裕があり多めに返済することも可能、それにより返済期間を短縮できる場合もありますから、あなたの都合に合わせて返済をしていけるメリットがあります。

カードローンの返済日っていつ?いつまでに返せば利子ってつかないの?まとめ

 

お金を借りて次に心配なのが返済日!万が一返済日に入金できなければ、最悪の場合ブラック扱いされるかも?そこで、返済日がいつのなのか?そして利子はどうなるのかをチェックしておきましょう。

 

金融会社別、カードローン返済日!

まずは消費者金融の返済日をご紹介!以下の様に各社微妙に違うようです。

 

アコム

 

  • 利用者希望の毎月指定日
  • 35日目(借入日の翌日から)

※口座振替は毎月6日
※返済期日の15日以上前の入金は前月分の追加とみなされるので注意!

 

プロミス

 

  • 毎月5日、15日、25日、末日の中で利用者が指定した日

※三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関の口座振替は5日

 

モビット

 

  • 毎月5日、15日、25日、末日から利用者が選択し口座引き落とし

 

ノーローン

 

  • 毎月1回の約定支払日を利用者が指定

※返済期日の16日以上前の入金は前月扱いになるので注意!

 

カードローンサービスを展開する銀行はたくさんありますが、今回はオリックス銀行とみずほ銀行をご紹介します。

 

オリックス銀行

 

  • 毎月10日、末日のどちらかを利用者が指定し、登録口座引き落としか振り込みを選択

 

みずほ銀行

 

  • 毎月10日の口座引き落とし

※提携ATMで任意返済も可能、毎月の返済とは別扱いとなります。

 

いつまでに返せば利子がつかないの?

 

基本的に利子を無くすのは難しく、最低返済額以上の入金をしたり返済期日よりも早く返済することで利子を減らすことはできます。

 

しかしあまり早すぎると、前月分と見なされるところもあり、いつからが当月分としてカウントされるのかの確認が重要!「もう返済したから大丈夫!」と安心していると・・・返済日が過ぎ遅延という金融事故に発展してしまいます。

 

無利息キャッシングの場合は利子はどうなる?

無利息キャッシングであれば、原則利子の支払いは全くありません!ただし以下のような場合は相当分の利子を支払う必要が出てきてしまいます。

 

無利息期間中に全額返済出来なかった場合
無利息期間中の返済日の返済を怠った場合

 

上記の場合は、無利息期間が失効してしまったり、滞った日数分の利子や延滞損害金などを請求されてしまうかもしれません。

 

また無利息期間中の支払い方法によっては手数料を取られるかもしれないので、各金融会社の条件をしっかり把握しておきましょう。

 

今回はカードローンの返済の仕方や方法について詳しくご説明してきましたが、あなたに合う金融会社があったでしょうか?借入れることばかり考えては返済が上手に進まなくなるかもしれません。

 

日常生活上、どうしても忙しい時はあります!そのような時はもちろん返済する暇はないと思いますから、予め自分に余裕がある日を選び、効率良い借入れと返済の計画を立てておきましょう。

カードローンの返済の仕方と方法まとめ!【※仕組みや返済日は?】関連ページ

無利息期間のあるカードローンまとめ!
カードでお金を借りる場合、当然利息が付きます。しかし一定の期間で返せば利息がつかない無利息サービスを行っているカード会社もあります。その無利息期間があるカードローンをまとめました。また会社ごとの無利息期間やそのサービスについても詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
即日融資可能な銀行とサラ金まとめ
カードローンは審査などがあり、すぐに借りる事ができないという場合もあります。しかし、今すぐまとまったお金が必要!と言う方も多いはず。そこで今すぐ借りたい!と言う方の為に安心して借りる事が出来る即日融資可能な銀行とサラ金をまとめました。すぐに借りたい!とお困りの方は是非チェックしてください。
ネット申し込みだけで借り入れ出来る?
カードローンの借り入れをネットで申し込み、借入まで完結できる便利なサービスがあるのをご存知ですか?ネット完結カードローンはWEBで申し込み、審査後ネット銀行に振り込まれるキャッシング方法です。このサービスを受ける事が出来る銀行やカード会社、利用制限などをまとめましたので是非参考にしてください。
借り換えのメリットとデメリットまとめ
複数のカードローンを一つにまとめる事が出来るおまとめローンというのを最近よく耳にします。このおまとめローンなどに借り換えると、金利が安くなったりとメリットばかりの様に感じますが、実はデメリットもあります。カードローンの借り換えに関するメリット、デメリットを詳しくまとめました。
カードローンの借り換えの流れまとめ!
複数のカードローンを一社にまとめたり、金利を安くする為にカードローンを借り換えるという方法があります。カードローンを借り換える詳しい方法や流れ、カードローンを借り換える場合の相談先、おすすめの借り換え先などを紹介します。カードローンの借り換えを迷っている方は是非参考にしてください。
返済が出来ない場合の履歴や連絡は?
カードローンの月々の返済期限が過ぎても支払いが出来ない・・・そんな時もあると思います。カードローンの返済が出来ない場合や支払いが遅れた場合、履歴は残るのか、連絡はどのようにくるのか、督促の方法などについて詳しくまとめました。カードローンの支払いについてお悩みでしたら是非参考にしてください。
一括返済した場合の利息は?
まとまったお金が入ったからカードローンを返済してしまいたい!そういった場合利息はどうなるのでしょう。カードローンを一括返済や繰り上げ返済する方法や利息はどうなるのかなどについて詳しくまとめました。一括返済でお困りでしたら是非チェックしてください。
カードローンの複数契約と申込みまとめ!
カードローンの借り入れには限度額があります。1社では足りない場合複数のカードローンを申し込むという方法もあります。しかし同時に申し込んだ場合、審査が通るのかといった不安もあります。カードローンの同時申し込みは可能なのか、可能な場合何社まで申し込む事が出来るかなどについてまとめました。
カードローンの無人契約機まとめ!
カードローンの借り入れには無人契約機を用意しているカード会社も多くあります。無人契約機の裏側やどのように借り入れするのか、審査の方法や即日融資は可能なのか、どのくらい時間がかかるかなど、無人契約機の疑問にお答えします!無人契約機での借入をお考えでしたら是非参考にしてく下さい。