カードローン 複数

カードローンの複数契約と申込みまとめ!同時申込みは何社まで可能?

「カードローンの複数契約と申込みまとめ!※同時申込みは何社まで可能?」がイメージできる画像01

 

 

カードローンの申し込みをする際、審査に落ちてしまった場合を考え、複数の会社に同時申し込みをしたくなることがあるかもしれません。

 

ですが、同時申し込みは審査落ちの可能性が高くなるとも言われているため、カードローンの申し込みについて以下のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

「カードローンって同時に複数社に申し込む方が良いの?」
「カードローンって何社まで契約出来る?」
「他社からの借り入れ額って把握されてる?」
「結局カードローンを初めて申し込む場合、何社にすればいい?」

 

今回は、カードローンの複数申し込みが審査にどんな影響を与えるのか、結局のところ何社に申し込むのが良いのかについてまとめました。

 

初めてカードローンの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


カードローンって同時に複数社に申し込む方が良いの?

 

まずは、カードローンの同時申し込みをした場合、審査にどう影響するのかについて見ていきましょう。

 

複数社に申し込む方が審査は通りやすい?

審査に落ちてしまった場合を考え、カードローンの複数申し込みを勧める情報を見かけることがありますが、これは大きな間違いです。

 

複数社に申し込みをしてしまうと、いわゆる申込ブラックという状態になり、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

他の金融機関なら分からないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、申込情報は最長半年間信用情報機関に登録されます。

 

この信用情報は全ての金融機関で共有が可能で、たとえ他の金融機関であっても、申込履歴や支払い状況など全て確認できてしまいます。

 

ですから、複数同時申し込みはするべきではありません。

 

何社以上は同時に申し込まない方が良い?

とはいえ、申込ブラックになる基準が明確に公表されているわけではありません。しかし、一度に何社も申し込みをしている場合、お金に困っていることは容易に想像がつくはずです。

 

金融機関側としては、その人に返済能力があるのかどうか不安になりますし、あまり良い印象を持たれないことは確かです。

 

同時申込みの件数が増えるほど審査には落ちやすいとされていますが、どうしても1社に絞れない場合は、多くても2社までにしておくのが賢明です。

 

また、申込履歴は半年間残るので、もし審査に落ちてしまった場合は、直近の申込日から半年以上空けて申し込みをするのが良いでしょう。

カードローンって何社まで契約出来る?他社借り入れ額って把握されてる?

 

ここでは、カードローンの契約数や借入額の上限についてまとめました。

 

何社まで(何枚まで)カードを作れる?上限金額は?

カードローンの契約件数には、基本的に上限がありません。ですから、審査にさえ通れば何社からいくら借りても問題ないということになります。

 

しかし、消費者金融からお金を借りる場合は総量規制が関わってきます。

 

総量規制とは、「借入額が年収の3分の1を超えてはならない」という決まりで、賃金業法によって定められている基準です。

 

そのため、消費者金融からの借入額の合計が年収の3分の1を超える場合は、それ以上借り入れをすることはできません。

 

一方、銀行のカードローンについては総量規制の対象外となるため、いくら借りられるかはあくまで審査の結果次第ということになります。

 

他社からの借入額も全て把握されるって本当?

先ほどもご説明したとおり、カードローンの契約情報は信用情報機関に登録されます。

 

登録される内容や登録期間については、それぞれの項目によって違いますが、申込情報や返済状況、完済日など借り入れに関するあらゆる情報が登録されます。

 

そしてこの情報は全ての金融機関で照会をすることができるため、他社からの借り入れ状況についても簡単に調べることができます。

 

ですから、申し込み時に他社からの借入件数や金額をごまかそうとしてもムダですし、嘘をつくと信用を失い審査に落ちてしまいます。

 

申し込み時には嘘をつかず、ありのままの状況を正直に伝えましょう。

結局カードローンを初めて申し込む場合、何社にすればいい?

 

審査に通りやすくするためにも、できるだけリスクは回避するべきです。

 

結局のところ何社に申し込むべきなのか、また自分に合ったカードローンを選ぶ方法などについてまとめました。

 

申し込みは1社!多くても2社まで

結論から言うと、やはりカードローンの申し込みは基本的に1社、多くても2社までにしておくのが賢明です。

 

申込ブラックになる基準は金融機関ごとに違いがあったとしても、複数申し込みをプラスにとる金融機関はないでしょう。

 

特に、申込ブラックによって審査に落ちることが不安な方は、リスクを冒さず1社に絞るべきです。

 

自分の状況に合わせてカードローンを選ぼう!

カードローンは、自分の状況に合わせて賢く選びましょう。一時的にお金が必要で1ヵ月以内に完済できるような場合は、断然無利息期間があるカードローンがおすすめです。

 

また、今よりも金利を下げたいのであれば、銀行系のカードローンを選ぶ必要があるでしょう。

 

その他にも、繰り上げ返済のしやすさやATM利用時の手数料など、借りたあとのことまでしっかりと考えて選ぶことが重要です。

 

カードローンの複数申し込みは、審査落ちの可能性を高める危険な行為です。金融機関側にマイナスな印象を与えないためにも、申し込みはできるだけ1社に絞りましょう。

 

また、消費者金融に申し込む際は、借入希望額が総量規制の基準を超えていないかどうかは、最低限確認しておきましょう。

カードローンの複数契約と申込みまとめ!※同時申込みは何社まで可能?関連ページ

無利息期間のあるカードローンまとめ!
カードでお金を借りる場合、当然利息が付きます。しかし一定の期間で返せば利息がつかない無利息サービスを行っているカード会社もあります。その無利息期間があるカードローンをまとめました。また会社ごとの無利息期間やそのサービスについても詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
即日融資可能な銀行とサラ金まとめ
カードローンは審査などがあり、すぐに借りる事ができないという場合もあります。しかし、今すぐまとまったお金が必要!と言う方も多いはず。そこで今すぐ借りたい!と言う方の為に安心して借りる事が出来る即日融資可能な銀行とサラ金をまとめました。すぐに借りたい!とお困りの方は是非チェックしてください。
返済の仕方や仕組み、返済日まとめ
カードローンでお金を借りると、その返済や返済方法が心配になるものです。カードローンの返済の方法、返済の仕組みやカード会社語との返済日、返済シュミレーションなどについて詳しくまとめました。カードローンの返済について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
ネット申し込みだけで借り入れ出来る?
カードローンの借り入れをネットで申し込み、借入まで完結できる便利なサービスがあるのをご存知ですか?ネット完結カードローンはWEBで申し込み、審査後ネット銀行に振り込まれるキャッシング方法です。このサービスを受ける事が出来る銀行やカード会社、利用制限などをまとめましたので是非参考にしてください。
借り換えのメリットとデメリットまとめ
複数のカードローンを一つにまとめる事が出来るおまとめローンというのを最近よく耳にします。このおまとめローンなどに借り換えると、金利が安くなったりとメリットばかりの様に感じますが、実はデメリットもあります。カードローンの借り換えに関するメリット、デメリットを詳しくまとめました。
カードローンの借り換えの流れまとめ!
複数のカードローンを一社にまとめたり、金利を安くする為にカードローンを借り換えるという方法があります。カードローンを借り換える詳しい方法や流れ、カードローンを借り換える場合の相談先、おすすめの借り換え先などを紹介します。カードローンの借り換えを迷っている方は是非参考にしてください。
返済が出来ない場合の履歴や連絡は?
カードローンの月々の返済期限が過ぎても支払いが出来ない・・・そんな時もあると思います。カードローンの返済が出来ない場合や支払いが遅れた場合、履歴は残るのか、連絡はどのようにくるのか、督促の方法などについて詳しくまとめました。カードローンの支払いについてお悩みでしたら是非参考にしてください。
一括返済した場合の利息は?
まとまったお金が入ったからカードローンを返済してしまいたい!そういった場合利息はどうなるのでしょう。カードローンを一括返済や繰り上げ返済する方法や利息はどうなるのかなどについて詳しくまとめました。一括返済でお困りでしたら是非チェックしてください。
カードローンの無人契約機まとめ!
カードローンの借り入れには無人契約機を用意しているカード会社も多くあります。無人契約機の裏側やどのように借り入れするのか、審査の方法や即日融資は可能なのか、どのくらい時間がかかるかなど、無人契約機の疑問にお答えします!無人契約機での借入をお考えでしたら是非参考にしてく下さい。