カードキャッシング 出来ない

カードキャッシングが出来ない原因は?キャッシングのやり方まとめ

「カードキャッシングが出来ない原因は?※キャッシングのやり方まとめ」がイメージできる画像01

 

ショッピングを便利にお得にしてくれるクレジットカード。このクレジットカードにはショッピング枠のほか、キャッシング枠というものが付いています。

 

キャッシング枠を使うことでカードキャッシングが可能になるのですが、そのカードキャッシングについて以下の様な疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

「突然カードキャッシングが使えなくなったのはナゼだろう?」
「カードキャッシングの使い方って?」
「カードキャッシングと消費者金融でのキャッシング、金利面での差はある?」

 

今回は、こうしたカードキャッシングに関する疑問を解消していただけるような情報をお届けします。


カードキャッシングが出来ない!その原因ってなんなの?

 

以前は問題なく使えていたカードキャッシングが突然使えなくなると、「何が原因なの?」と不安になってしまいますよね。

 

こちらでは、そういった場合に考えられる原因について紹介していきます。

 

カードキャッシングが出来ない原因

その1「支払いの遅延による利用停止」

 

クレジットカードの利用はクレジットカード会社に対して借金をしているようなものなので、その月の支払日に残高不足によって引き落としが行われなかった場合、入金をして利用停止が解除されるまでクレジットカードは使えなくなります。

 

たった1日でも支払遅延が発生すれば、そういった利用停止処分が下されます。

 

このような状態になった場合、ショッピング枠・キャッシング枠ともに利用ができなくなります。

 

その2「すでにキャッシングの利用限度額を超えている」

 

キャッシング枠にも「利用限度額」というものがあり、すでにそれを超えている場合はカードキャッシングができません。

 

またカードキャッシングにも総量規制が適用されるため、すでに年収の3分の1まで借入を行っていたり、あるいは追加融資によって年収の3分の1を超える借入になってしまうようだったりする場合も、カードキャッシングが利用できなくなります。

 

その3「収入証明書類を提出していない」

 

クレジットカードの新規契約時や更新時等に、収入証明書類の提出が求められることがあります。

 

したがって、その提出を行っていない場合はそれが原因でカードキャッシングができなくなる可能性があります。

 

カードキャッシングが出来なくなる主な原因は上記3点ですが、中にはカード会社のほうで利用停止にしていないにも関わらず、カードキャッシングができなくなってしまうという原因不明なケースも報告されています。

 

そういった場合、利用状況に問題がなければクレジットカードを再発行するという措置が取られます。

気になるカードキャッシングのやり方や金利をチェック!

 

「クレジットカードにキャッシング枠が付いているのは知っているけれど、今まで一度も利用したことがない」という方も多いはずです。

 

利用しないで良ければそれに越したことありませんが、急にお金が入用になった場合などに備えて、カードキャッシングのやり方をあらかじめ知っておくと安心です。

 

カードキャッシングのやり方

クレジットカードを使ったキャッシングは、簡単に利用することができます。

 

普段使い慣れているであろうATMを使っていきますので、画面の案内にしたがっていけば初めてでも難なくご利用いただけるはずです。

 

以下で、そのATMの基本的な操作方法を紹介します。

 

1.最初の画面上に「クレジットカード」の表示があればそこをタッチする。その表示がなければ「お引き出し」をタッチする。
2.クレジットカードをATMに挿入し、暗証番号を入力する。
3.「借入」をタッチする。(使用ATMによってはこうした表示がないこともある。)
4.返済方法を選ぶ。(例:「1回払い」「リボ払い」)
5.借入希望額を入力する。

 

あとはクレジットカードと現金、そして利用明細票を受け取って完了となります。

 

カードキャッシングと消費者金融の金利

カードキャッシングと消費者金融のキャッシングローン、金利の差はどの程度あるのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。ですが実際のところ、これらに大きな差はありません。

 

カードキャッシングでも消費者金融でも、利用金額が10万円以上100万円未満であれば、金利は18%になることが多いです。

 

この18%というパーセンテージは利用金額が10万円以上100万円未満の場合の上限金利になります。

 

したがって、その上限金利と同じ金利を設定しているケースが多くなっているのです。

 

なお元本が10万円未満であれば上限金利20%、100万円以上であれば上限金利15%ですので、利用金額が多い人ほど金利面では優遇されるということになります。

 

ただカードキャッシングの場合、実質年率の幅が15〜18%などと狭くなっていることもあります。

 

一方の消費者金融では、大手を中心に実質年率4.5%〜18.0%というような広めの幅が設けられていることが多いです。

 

ですが利用金額が10万円以上100万円未満に収まるのであれば、両者の差はないようなものなので、その場合はあまり気にしなくて結構です。

 

さて今回は、「カードキャッシングが出来ない原因」やその使い方などを紹介してきました。

 

何かお役立ていただける情報をお伝えできていれば幸いです。

カードキャッシングが出来ない原因は?※キャッシングのやり方まとめ関連ページ

銀行のキャッシング審査まとめ!
今回は銀行のキャッシング審査について、審査があまい所はあるのか?どういった基準で銀行は審査をしているのか?などについてまとめてみました。借り入れの前に審査基準を知っておくことで通りやすくなるかもしれないので、是非参考にしてくださいね。
銀行キャッシングの利率まとめ!
銀行のキャッシングについては、様々なところがサービスを展開している為、それぞれの違いやどこがいいか?はわかりにくい所です。そこで今回は銀行キャッシングの利率についてまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
銀行キャッシングのメリットとデメリット!
キャッシングと言っても、消費者金融もあれば銀行などもあります。今回は銀行キャッシングに関してそのメリットやデメリット、キャッシングにオススメの銀行についてをまとめてみましたので、これからお金を借りる予定がある方は是非チェックしてみてくださいね。
キャッシングの申し込みに必要なものは?
初めてキャッシングを利用する場合、申し込みに必要な書類やどこで借りればいいか?は迷うところではないでしょうか?銀行で借りるべきか?消費者金融と銀行ではどう違うのか?などをまとめてみました。
キャッシングローンとクレジットカードの現金枠
キャッシングローンとクレジットカードの現金枠は似ているようで微妙に違うような気もします。今回は同じような疑問を持つ人に、そもそもキャッシングローンとは何なのか?現金枠って誰でも使えるのか?などを詳しくまとめてみたので是非ご参考くださいね。
キャッシングローンをまとめる方法
複数のキャッシング会社から借り入れをしているという方は多いと思います。キャッシングローンの金利も会社によって違うし、毎月の返済に追われて大変ですよね。最近よく耳にするおまとめローンを活用すると、 今より低金利でキャッシングを一つにまとめることが出来るかもしれませんよ。キャッシングローンをまとめる方法を詳しく紹介します!
キャッシングのお得な返済方法
キャッシングの返済方法には翌月に一括で返済するか、毎月一定の金額を返済するリボビング払いという方法があります。また、口座から引き落とすか、振り込みで返済するか、提携ATMを利用するかという選択肢もあります。キャッシングでの返済方法で本当にお得な返済方法を紹介しますのでぜひ参考にしてください。
ネットキャッシングメリットとデメリット
最近では借り入れのために銀行やキャッシング会社に行かなくても自宅で借り入れができるネットキャッシングというシステムがあります。自宅で簡単に借り入れの申し込みができる、便利なサービスですが、注意すべき点もあります。ネットキャッシングのメリット、デメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。
ネットキャッシングは即日融資可能?
お金を借り入れに行く時間がない!という方にネットキャッシングという便利なサービスがあります。しかし今すぐお金が必要!という方で即日融資は可能なのでしょうか。ネットキャッシングで即日融資が可能な会社をまとめて紹介します。また、審査が甘い、借り入れのしやすい会社などもまとめていますのでぜひ参考にしてください。